じぶん材料あつめ
by abekama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2.騙された!
「アナタダマサレテルヨ〜!」

えっ!?やっぱり………。
そう、私は、まんまと騙されました。
インドの首都デリーは危険!そんなことが当たり前のように「地球の歩き方」に書いてあった。あまりにも当たり前の事実。私はまんまと見過ごしていた。
とりあえず一泊目のホテルと空港への送迎は日本で予約しておいたので、着いたその夜は安心だった。二日目、とりあえず観光でもしてみるかーということで、インドでおなじみのオートリクシャーという三輪タクシーに乗り込む。
堪能な英語で話しかけてくるが、私は頭が悪いので、さっぱり理解出来なかったのを見越してか日本語の話せる友達がいるから話してみるか?ということで、なぜか見知らぬインド人に電話を繋がれる。
車の騒音の中電話をつながれても全く聞き取れない。意味の分からないまま電話を切る。
ガンジー博物館に行きたかったのだが、その日は月曜で休館日だった。博物館系はあきらめ、とりあえずインド門へ向かってもらう。
その前にデリーの地図をタダでもらえるところに連れていってやる。と方向転換し、入り組んだ路地の一つの旅行会社のような場所に案内される。
そこには日本語の話せるインド人がいた。
インドに入って二日目で不安がいっぱいの状態だったので、心配なことをすべて聞ける!と、すっかり安心しきってしまった。

そう、これがインド流だましの手口だったのだ。それに気付いたのはそれから5日後になる。

これこれあーしてこーしてこー行った方が楽しいよ。
話しをしていると、インドの地図を持ち出し、私のこれからのルートを提案しはじめた。
ふむふむなるほど、と聞いていると、あれ?なにこれ、ツアー??
「で、これで$1000。」

はぁ?
あーここは旅行会社なのかー。日本人もいるし、みんなここにきてこんな風にツアーくむのかぁー。
$1000は無理だけどほかに安いルートない?
まんまと聞いてしまった。

そのツアーはミニバスとホテル、鉄道のチケットが含まれている。こんなもんかーと思ってしまったのは安心を買うためと、まだインドの物価を理解していなかったこと。

結局1週間のツアーを$500で組んでしまった。
日本円で6万円くらい。当初私の旅の予算は4万円だった。

そうして私の旅は始まったのだ。
そしてこれからさまざまな形で騙されたことに気付いてゆく。
3.アーグラでの7日間 に続く
[PR]
by abekama | 2006-04-03 23:07 | たび
<< 3.アーグラでの7日間 1.食 >>