じぶん材料あつめ
by abekama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:じてんしゃ( 2 )
リアル待夢(タイム)
今日は自転車で疾走中いろいろなものに出会いました
まずこれ
リアル待夢↓
b0049535_18321119.jpg

まさか実在するとは!!(タナカカツキ著「オッス!トン子ちゃん」参照)
実は今まで何度も通り過ぎていたし
目の端に入ってきていたのですが
今日やっとそれがあの喫茶店「待夢」であることが確認されました
トン子ファンの方是非おいで下さい
トン子気分が味わえます(中には入ってないのでメガネのマスターがいるかどうかは未確認)
場所は台東区の清洲橋通り沿い

その後友人のブログで見つけたツバメノートへ
こんなにテッチュウから近かったとは!はう!
激安でツバメノート12冊購入したので欲しい方にさしあげます
このツバメ、五年前テッチュウ日誌用に購入したのがきっかけで愛用するように
その後もアイデア帳や交換日記(海を越えました)に使用しています
一万年以上持つというフールス紙で出来ていて
あの頃「一万年後はたして地球があるのか」「フールス紙」ってなに?
と誰かがつぶやいていましたが
人類が滅んだ後 また人間に似た生命体が生まれた時に
人間という生き物が一万年前に何を考えて生きていたかを
証明するきっかけになるかもしれません
どうでもいいけど私のアイデア帳だけは
私が死んだら一緒に燃やして下さい(生き恥なので見ないでね)

小腹が空いたので東神田方面へ
フクモリかART+EATか迷ったあげく結局いつものART+EATへ
どっこらしょ と腰掛けてぼけっとしてると
目の右端によく見たことのある人が
あっY田さん!!そしてその向かいにはT口さん!!その横にはM永さん!!
なぜこの人たちが繋がってるのかわからないけど
いつものごとく世間はほんとうにとてつもなく狭いと感じます
なにやらお仕事の話しをしているようなのでしばし観察
折りを見て
「Y田さーん」
「はっ!!あべかなじゃん!!いつからそこいたの!?」
大人のくだらない話しに聞き耳たてて失笑して
あ、やはり男って何歳になっても子どもなんだなと再認識
(私になんか言われたくないだろうけど)
愛らしいですね
だから私は大人の男の人が好きなのかもしれません(あ、恋愛対象ってことではない)
仕事するなら上司は男の人がいい

その後神保町行って古本屋のぞいて
(源喜堂の前でリアリズムの宿の山本浩司さんを目撃 なんだかラッキー)
写真屋にプリント出して
近江屋洋菓子店でおやつ買って
美篶堂でノート買って(荷物ノートばっかり)
帰宅

目的を持たずに出掛けるのがいい
そういう時にこそ感じる幸せや出会いがいい
約束してその日までワクワクするのももちろん好き

私は最近幸せに対して貪欲すぎたような気がする
そんなもん求めたって得られないのにね
[PR]
by abekama | 2009-06-03 18:32 | じてんしゃ
自転車に乗りながら考えたこと1
世界はどこまでだってつながっていて
私がこの自転車でどこまでも行くことは可能なこと
きっと境目はいらない
その境目が私の行動を制限しているのだ
悪運の強い私だから
どんなとこにだって恐れずに行ける
無関心というか寛大な親がいるからどこへだって
命はそんなに惜しくない

そうそう上野あたりでホームレスをたくさん見かけるけど
田舎にはいないんだよねホームレス
どんなにボロボロでも
みんなちゃんと家をもってるんだよ
たぶんそこに至る前に助けてくれる人がいるんだ
おせっかいだから田舎の人は
でもそのおせっかいがきっとたくさんの人を救ってきたのだと思う

今日一緒にランチを食べたアッコさんが言ってた
「あたしは趣味無いけど、人に道を教えるのが唯一の趣味かも」って
地図ぐるぐる回して迷ってるおばちゃんとか
変なところに迷い込んだ外国人とか
ほっとけないらしい
それってすごくすてきなおせっかいだなって思った
おせっかいばんざい
私はこれからおせっかいを推奨することにします

自転車に1時間も乗ってると色んなことが頭をぐるぐる
漕ぐことと考えることしかできないから
私にとってはとてもいい時間なのだ
[PR]
by abekama | 2008-05-28 00:00 | じてんしゃ