じぶん材料あつめ
by abekama
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:のうぎょう( 3 )
音楽と農業を結びつけるイベント
会場が変更になりました!!

民謡が聞こえる農作業の風景が今あまり見られなくなっていますね。
その背景に、農作業の機械化や、世代交代、農業人口の現象などの要因が考えられます。
みんなで並んで田植えをする風景にはいつも歌がありました。
腰の痛くなる辛い作業を少しでもリズミカルに楽しく。
農業と音楽はいつもセットで存在していました。
多くの音楽は農作業のリズムから生まれたという話しもあるくらい、かつて農業と音楽は密接に関わり合っていたようです。

民謡は民謡でとても気持ちのいい音楽だと思うのですが、
現代農業、次世代の担い手のために、農業への音楽の取り入れ方を実験的に試みようとしているAgri Grooveという方たちがいます。
私もこの活動に参加させていただくことになりました。

この春、Agri Groove Salonと銘打って、イベントを行うことになりましたので、
興味のある方は是非ご参加下さい。
以下詳細です。

====================
来る4/4(土)の夜、AgriGrooveがユニークな農家さんを招いて、トークサロンをおこないます。

詳細はこちら

====================
料金 3000円(軽食付き)

ゲストスピーカー
久松達央氏
IMG_5824.gif


脱サラして10年前から茨城県土浦市で有機農業を始めた久松さん。

現在、都心を中心に、数多くの有名レストランにおいしい野菜を卸しているほか、200近い世帯に週1回の宅配で販売しているとのこと。

※久松氏のwebサイト「畑からの風だより

久松さんに、農業に転身したきっかけや、現在の農業の現状、個人宅配の苦労、久松さんならではの農業へのこだわりなどを話してもらいます。

さらに、久松さんの好きな音楽を紹介してもらって久松さんの考える「農業と音楽」について語っていただきます。

農業・野菜・音楽の仮想コンピレーションアルバム企画なんて話しちゃったり、ふつうの農業関連のトークイベントとは、ひと味もふた味も違った、かなり面白い内容になると思います!

トークの後は、ネットワーキングタイムです。
この機会にじっくり農家の方とお話をしてみましょう。

お申し込みは
■人数
■お名前
■あべかなのブログで知った
と書いて、下記メールまでお送りください◎

agrigroove@gmail.com

====================
[PR]
by abekama | 2009-03-25 12:55 | のうぎょう
風土
知人に紹介していただいたフードソムリエというサイト内において農業ライターとしてブログを書かせていただくことになりました

風土

ほんとまだ何者でもない私なんぞがこんな立派なサイトに記事を書かせていただいてよいのかいささか不安もありますが
日々の中で出会うさまざまな出来事の中から、大切だと思うことを拾い集め
それを受けてどう感じたのかなどを綴っていこうと思っています

このブログと併せて読んでいただけたら幸いです
[PR]
by abekama | 2009-03-02 21:27 | のうぎょう
受かりましたよ
大田市場の仕事が決まりました!
三日後採用告知のはずが、その場で即決。
社長との価値観も近く、たくさん学ぶことができそうです。
年齢層はかなり高めですが、みなさんいい人そうなので安心。
バス停に到着し場所がわからなくて電話したら、
なんていうのかな、あれ、築地とかでよく見る荷物運ぶやつ、
あれでお出迎えしてくれました。
荷台に乗せてもらい大田市場内を颯爽と進む。
築地とはまた違ったいい雰囲気。
おっちゃんたちがみかん食べながら歩いていたり、
道ばたにグレープフルーツが落ちていたり。
さすが日本一の青果市場。
それぞれの棟の屋根にはぶどうだの、竹の子だの、リンゴなどの目印がついており、
私の働く会社はぶどう棟でした。
さあさあどんな毎日になるのでしょうか!
キャップとジャケットはマストアイテムだな。
とびきり元気な色のを探そう!

みなさまの食卓に新鮮な野菜をお届けできるよう、日々精進して参ります!
見学も出来るみたいなので、興味のある方ご案内しますよ。

それと同時に農業フリーペーパーの作成も進めていきます。
農業の今、を正直な視点からお届けできればと思っております。
[PR]
by abekama | 2009-01-05 18:31 | のうぎょう