じぶん材料あつめ
by abekama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2007年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
テルミン
b0049535_20304437.jpg

大人の科学

ぜったいに買う。
[PR]
by abekama | 2007-09-30 20:31 | みうじっく
そこへいくということ
b0049535_0314168.jpg

ジャーナリストがミャンマーで死んだ
私はその人をかっこいいと思った
心からそう思った
そして自分は口ばかりで
命がけで何かを伝えるその瀬戸際に立ったとき
逃げ出してしまう自分を想像してしまう
そこに行くということは
死の覚悟を持つということ
本当に死ぬのだ

最期までカメラをにぎり続けた彼に
心から敬意を払い
ご冥福をお祈りします
[PR]
by abekama | 2007-09-29 00:31 | ひびのこと
さっぱりすっきり
あまりの悔しさに
昨日の夜突然思い立ち
髪を切りました
バーバーあおいで切ってもらいました
30センチくらい
ジョキジョキと
迷いのないハサミさばきで
あおいちゃんが
私の心の弱さも一緒に切ってくれました

この髪には
なんだかよくわからない
未練や後悔や女々しさが詰まっていて
でももうそんなくだらないものはどうでもよくて
まずは目の前のことを
しっかり誠実にこなしていこうと心に誓いました

どこの美容室で切ったときよりも
カリスマあおいカットの方が
一番のお気に入りです

ありがとうあおいちゃん、よー様
[PR]
by abekama | 2007-09-22 13:10 | ひびのこと
泣き言

言いたいけど言わない。

今日は初取材。
ただただ出来ない自分が悔しい。
だから
次こそは。

足りないのはなんだ。
愛情だ。思いやりだ。
ひたすら努力だ。

知識がなくても
今の自分が出来ることを出し切る。
[PR]
by abekama | 2007-09-20 23:01 | ひびのこと
おめでとう と ありがとう
ターが結婚した。
みんなが集まった。
ターはぎこちなくも幸せそうで、
奥さんの貴子さんも幸せそうで、
ああ、やっぱり結婚って素晴らしいなと思った。
結婚に至るまでの二人の道のりがなにより素晴らしいと思う。
結婚しようと思える存在にお互いがなったこと、
お互いが成長したこと、
支え合ったこと、
支える仲間がいたこと、
そのどれもが素晴らしくて、
私たちも幸せな気持ちで仲間に再会できて。

みんな着実にすごくなっていて、
バリバリ仕事していて、
私もかっこよく、
思い切り仕事が出来るようになりたいと、
切に願わん。

そこにみんながいる幸せ。
お互いを応援しあい、
時には厳しく、
時にはやさしく、
そんな仲間に囲まれてやっぱり私は幸せ者だと、
心から思う。
[PR]
by abekama | 2007-09-18 00:25 | てっちゅう
ふふふふ
ふうこ

b0049535_1547357.jpg

b0049535_15471956.jpg

[PR]
by abekama | 2007-09-15 15:47 | しゃしん
古くさい
気分転換に髪型を変えてアップにして会社に行った。
「あべちゃん、なんか今日昭和だね〜」

私はいつも古くさいのでたまには今時の髪型を、と思って結んだのに
よりによって昭和。なんで昭和。どこまでも昭和。

イラストを今風にと発注されて描いても
「古い」
なういと思って読んでいる本も
「渋い」

私は生きた化石なのか。
一生昭和を背負って生きて行くしかない。
[PR]
by abekama | 2007-09-13 23:53 | ひびのこと
ゴミ(エコ)おじさん
東京に出てきて早5年、引っ越しすること3回。今のアパートに移り住んで一年半。その近所に私が一年半観察してきた「ゴミ屋敷」がある。テレビで見たまんまだ。玄関がどこだか分からない。窓からゴミがあふれている。しかし、不思議なことは、こんなにゴミだらけなのに異臭がしないのだ。
 はて、何故だろうと、日々外にでている家主らしきおじさんを観察することにした。もちろん通りすがりにチラ見でさりげなく、だが。

おじさんの不思議1
 まず、朝、おじさんはゴミをあさる。しかし狙いは食糧ではなく、古新聞やビニール袋。それを家の横の緑道に広げて伸ばし、新聞は熟読し、ビニール袋はきれいに畳んでいる。何フェチか、何コレクターか分からないが、おじさんの集めているゴミは基本不燃ゴミである。なるほど、不燃物だから異臭がしないのだ。
 
おじさんの不思議2
 おじさんはよく近くのスーパーに現れる。結構な量の食材を購入していくのだ。カップラーメンだけでなく、生の肉や野菜も。はて、どうやってあの家の中で調理するのだろうか。そして子供が好きな模様。執拗に話しかけていた。近所の人の証言だと、スーパーのおばちゃんとも仲がいいらしい。

おじさんの不思議3
 おじさんは長々と続く緑道の清掃活動に参加している。地元の人とは仲がいいようだ。ゴミをあふれさせている人が緑化活動とは、いったいどういう事なのだろうか。しかし、常識的に許せない人も多く、通りすがりざまに文句を言うおばさんも多数。

おじさんの不思議4
 どうやら居候人がいるようだ。ホームレス仲間だろうか。(おじさんは一応家があるのでホームレスではないな。)特に会話をしている様子も、一緒にゴミ袋を畳んでいるわけでもなく、そこにいるだけ。

おじさんの不思議5
 雨が降ると近所の高級住宅っぽい家のガレージに移動して古新聞を読んでいる。この家の人とも仲がいいのだろうか。さらに、家のゴミの上にさらに青いビニールシートをかぶせて雨風から守っている。

 一年半観察して想像するに、おじさんはエコな人なのかもしれない。不燃物の埋め立て地・日本に対して身をもって訴えているのだ。埋め立て地の様子を都会の一角に表現している前衛芸術家なのだ。
 日々生活していると可燃ゴミより不燃ゴミの方が多い場合がある。これが全部夢の島行きかと思うと罪悪感に駆られるのだが、なんでもかんでもプラスチックで出来ているのだ。良くないと思いつつ、それなしでは生活できない現状がある。
 最近東京都でもプラスチックなどのゴミが可燃で出せるようになってきている。これ以上埋め立てる場所がないらしい。そりゃそうだ。早く気付け。おじさんの願いが届いたのかもしれない。
 しかし燃やすのにだって燃料はいるのだから、プラスチックが燃やせるようになっても節約しましょう。ちょっとこれ以上話しを進めると地球規模になりそうなので、ここでおしまい。
[PR]
by abekama | 2007-09-12 23:32 | しゃかい
黄色い目の魚
浄化される気がした。
なんも取り繕わなくていい。
無理して笑うことなんかない。
私はそういう人が大嫌いだ。
そしてその大嫌いな人になりかけていた。
取り繕うことは嘘をつくこと以上に残酷だ。
なんも伝わらない。

自分の人生に対しての責任感のうすさ、
もっと出来るはずなのに。
私は何か打ち込めることが特にないから
才能を生かす職業になることはないと思う。
だから編集をやりたいのかも知れない。
才能のある人の思いや技を生かしていきたい伝えたいから。

黄色い目の魚には
少し変わった高校生の葛藤と奥に眠る情熱が描かれている。
あまりにもひねくれていて真っ直ぐで心がえぐられる。
[PR]
by abekama | 2007-09-09 21:53 | ごほん
白い粉
だれ?私に白い粉が入ったあやしげな袋をくれたのは!
いつの間にかバックに2袋入ってた。
あやしすぎてあけられない…!

先週先々週あまりの忙しさに誰になにを貰ったかとか話したかとか
ぜんぶ忘れてしまった。

きっと粉塩って書いてあるから粉塩なのだろうけど、
なんでこんなあやしげな袋に入ってるんだー!!
電車の中とか会社でうっかり出したら警察行きだぜ。
[PR]
by abekama | 2007-09-08 00:51 | ひびのこと