じぶん材料あつめ
by abekama
<   2008年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ホクリク
さて、
今からホクリクのほうへ
ヒッチハイクでいってきます

ホッカイロたくさん貼って
いつもは履かないズボンはいて
寝袋しょっていってきます

おみやげ拾ってくるからね
[PR]
by abekama | 2008-02-29 19:36 | たび
ナポリタン
みくらとさぼうる2でナポリタン
食品サンプルみたいなナポリタン
食べても食べても減らないナポリタン

さぼうる2は
意味不明な盆栽や
植木鉢の笹
枯れたからすうりが
なんでだかとても合っていて
話しも弾む弾む
話しに夢中でナポリタンが減らない

計画をたてることって
なんて楽しいのだろうか!
これは女の子にしかわからない感じかも
遠い先のことのために準備や妄想をする
当日までの道のりも楽しいのだ

女子高生みたいに
シール交換して
珈琲ちびちび飲んで
しばらく居座るかんじ
至福のとき
[PR]
by abekama | 2008-02-29 00:00 | ひびのこと
初落語
今日は私が勤務している会社で主催している寄席の日。
女寄席。女性しか出演しません。
そこにカメラマンとして行ってきた。
初落語な上に初舞台裏。
スタッフにもちゃんと楽屋が用意されているのです。
ほとんど写真を撮っていたので楽屋でくつろぐなんてことは出来なかったものの、
芸人さんの表と裏の顔や、(悪い意味ではなく)
お客さんのうれしい反応、
若手芸人の威勢のよさ、
大物の貫禄、にただただ感動しまくっていた。
なかでもとびきりだったのは、内海桂子師匠。
85歳であの動き!あの絶妙な笑いの取り方。
すばらしいの一言に尽きます。
舞台の上では大きく見えたのに、
帰り際に挨拶したときはとても小柄な方で、
それに一番驚いた。
なんにせよ、落語の会場ってのはいいものだ。
みんなで笑うって幸せだ。
会社に戻って軽く打ち上げ。
よく働いた後のビールのうまいこと。
私、ここでやっていける、と確信した日なのでした。
[PR]
by abekama | 2008-02-27 00:00 | いべんと
はやく
おちついて
おちつきたい

こころだけでも
おちつかせてくれ

おちついたら
だいすきな二人と
爆笑温泉ツアーだ

ああもう
大好きな季節が
目の前にせまっているのに!

まいいや
おべんとつくって
公園にいければ
満足できる季節だから
お手軽だな

できるだけ太陽のひかりを浴びよう
そとで過ごす時間をふやそう
そしたらもっと元気になるはず
[PR]
by abekama | 2008-02-25 01:24 | ひびのこと
春なんです
春だよー

こんな季節は
泣きたくなっちゃうね
いろんなことで心がいっぱいになって
連日情緒不安定

でもけっしていやなものではないのです

沈丁花のつぼみが
開花を今か今かと待ちわびている
そんな状態

そんな季節は細野晴臣
しばらくきいてなかったのに
ふうっとメロディーと歌詞が流れ込んでくる
冬越え と 終わりの季節
春うららのときではなく
今このとき
寒さに暖かさが少しまじり始めている
今聴くのがとてつもなくたまらない

あ この感じ何かににてるぞ
なんだろなんだろ
[PR]
by abekama | 2008-02-23 09:00 | みうじっく
近況
ネットが使えなくなって更新できない
会社のデスクに自分のPCがない
そのくせ後ろにあるPCは最新のiMac
動作がサクサクすぎて打ちまつがい多数
今日はやっと仕事が与えられたので調子に乗って残業
PC心置きなく使い放題
もちろん会社にはもう誰もいない

引っ越し資金がぎりぎりで極貧
家からでられない
誘いもことわざるを得ない
家に遊びに来てくれる人は引き続き大募集
人に会いたい酒が飲みたい
でもヒッチハイクは行く
おにぎりこさえて行く
他力本願万歳

会社はそれなりに楽しい
カメラもってよく自転車でうろついている
日本橋は建物がでかくてゴージャス
三井住友銀行とかもうほとんど宮殿
なぜか私のデスクはなんかの資料でいっぱい
自分のスペースがA3サイズくらいしかない
編集長の毒舌は気持ちがいい
山本山のお茶がおいしい

漢字の勉強をちゃんとしている
この世にはこんなにも漢字が存在していたのだと
得意だと思ってたのでショックを受ける
これは日課にしようと思う

お金に余裕ができたら
温泉に行って
富士山登山の準備はじめて
Macのバージョンあげて
ipod買って
ギター買って
本棚作って
みんなにたくさん会いにいく
春になるしたくさんピクニックする



私はこれから無我夢中で走り出そうと思う
それに必要な環境はそろいつつある
あとはひたすらに磨くだけ

私はけっこう体育会系みたいだ
[PR]
by abekama | 2008-02-23 00:00 | ひびのこと
たからもの
b0049535_1014521.jpg

大事な宝物を壊してしまったあとは
もう戻せないんだろうか
不格好でもいい
ちゃんとくっつけて大事にしたい
可能だろうか

とりかえしのつかないことは
あるかな
あるよな
心の修復は
あまりにも繊細な作業すぎて
うかつにさわれなかったりする

もう二度と戻すことができないこと
いや
ないかもしいれない
死んでしまってもなお
その人の存在が消えることはないし
壊れてしまったものは
形を変えても直せばいいのだ
[PR]
by abekama | 2008-02-17 00:00 | ひびのこと
最後の日
b0049535_10154020.jpg

最後の日は
会社で一番仲のよい(と勝手に思っている)人が開いてくれた
いつものかんじで
わたわたと近くの飲み屋に行き
おいしいご飯といつものネタで盛り上がったり
一番印象に残ってるのは?
って聞かれたり

印象に残ってるのは
やっぱり怒られたことだな
悔しくて悔しくて
仕方がなかった
でもそれが明日の肥やしになるんだ
怒る上司も
褒めてくれる上司も
対等に接してくれる上司も
応援してくれる上司も
みんなありがたかったです

まだまだみんなと飲みたかったけど
忙しい時期
わらわらと会社にもどって仕事再開
私は名残惜しく
最後まで会社に残ってみんなの仕事する姿を見てた
そんな終わり方もいいなって思えた

泣くかなって思ったけど
意外と泣かない自分がいて
みんなが当たり前のように
「また会えるじゃん」
って言って帰っていったせいなんだと思う

そういう感じで終われることって
とても良いことなんだな
別れっていうのは
そこまで重要な事柄ではないんじゃないかと思った

自分がこの会社にどれだけ貢献できたかっていうと
ほとんど何もできてはいない状態での退職だったわけだけど
それでもどこかでまた一緒に仕事が出来たら嬉しい

明後日からまた新しい物語が始まります
もりもり働きます
[PR]
by abekama | 2008-02-16 00:00 | ひびのこと
久しぶりの感じ
今日会った人


真弓

哲勇

三倉
松尾さん
三箇山さん
直樹さん
新野さん
橘さん
茜さん
勲さん
シミズさん
元永さん
小林さん
武藤さん

バレンタインにこんなにもたくさんの人と会うとは思っていなかった
大好きな大衆居酒屋の三州屋で
大好きな銀むつあら煮定食を頬張り
食べる度に感動
ほんとうにここの料理は全部おいしい
おいしーーーーーーーーーい!
と叫びたくなるくらいおいしい
おばちゃんにいっつも
おいしかったです!
と感動を伝えるも
そっけないところがまたいい

要するにCET編集部再始動のお話なのだが
この本題に入るまでのゆるゆる感じ
この感じなつかしい
でもなんだかんだいってしっかりしている元氏と真弓氏のおかげで
編集部は成り立っている
勤務地も近くなるし
また新しい何かを始められたら楽しいな
たくさん動ける場所であることは間違いない



明日で会社が最後だ
机の整理整頓をしてたら一人で泣きそうになった
今日はなんだかゆるゆるで
会社のみんなと冗談を言い合って笑いまくっていた
この感じは大好きだったな
社長とランチに行って
私がいなくなることをとても残念がっていたのが素直にうれしくて
そこでも泣きそうになった
ほんとうにこの会社は人柄がよすぎる
気持ちよく仕事ができる
そういうクライアントばかりじゃないけど
最後の仕事のクライアントがすてきな会社でよかった
いい本を作れてよかった
こういう仕事をしていると
楽しいと思える仕事は相手次第だ
こっちがいくら思いやりをもってやっていても
あちら側が理不尽だとやる気も失せてしまうのだ
対等で仕事をすることが一番大切
お互いを尊敬し合うことが一番大切
そんなことをこの会社は教えてくれた

ありがとうありがとう
さようなら

またどこかでつながれたらうれしいです
[PR]
by abekama | 2008-02-15 00:49 | ひびのこと
長い旅のはじまり
この日記もだいぶ書いたな
びっくりするくらい書き始めたのが最近のことのように思うけど

あの暑い夏の日
テッチュウの2Fで
よくわからないタグと格闘してたのを
思い出します

いまじゃスキンの変え方なんてさっぱり思い出せない
いったいどうやっていたのだろう…

そうそう
家がほぼ確実に決まりそうです
新しい生活がはじまるのです
それはそれはどきどきします

心配だったけど
大丈夫だって
心の中の私が言ったので
きっと大丈夫なんだろうと思います

旅に出る前はいつだって不安
でも出てしまえば
おどろくほどたくさんの出会いや感動が待っています
それに期待するのです

遠い国へ旅に出たくても出られない状況
だから私は日常を旅することに決めたのです

旅立ちカウントダウンがはじまる
ながいながい旅がはじまる
[PR]
by abekama | 2008-02-14 00:00 | たび