じぶん材料あつめ
by abekama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
本日退職いたしました
たった8ヶ月だけ働き
たいして成果ものこさず
役にも立てないまま
会社を去りました
自分の無力さ甘さを
痛感するだけ痛感して
それだけで会社を去りました
私はほんとうに何もできなかった
ただうそもつけなかった
ずっとそこで働けるだけの魅力を発見することができなかった
興味を深くもてなかった
忙しさを言い訳にしてしまった
辛抱が足りなかった
偏見持ちで固定概念が強く
先入観で人を判断し
何もできていないくせに文句ばかり言って
何をえらそうにこの大馬鹿やろう

最後の仕事で
私の大好きなお店に集金にいった
いつもすてきな女主人の酒井さんは
今日は着物姿でほんとうにきれいで
みとれてしまった
いつものように座布団を引いて
いつものように美味しいお茶と和三盆のお菓子
(この和三盆のお菓子は一口食べると幸せになる魔法のお菓子)
そしていつものようにゆったりとした口調で
ただ今日だけは少し悲しそうに
私が辞めることをとても残念がってくれた
これから私がやっていきたいことを聞いてくれて
そうしたら嬉しそうな顔に変わった
ここに来ると酒井さんと話すだけで幸せな気持ちをもらえる
時間がゆったりとすぎ
仕事に戻らなくてはいけないけれど
ずっとそこにいたかった
すっとしゃべっていられる気がする
刻々と時は過ぎもう帰らなければならない
お互いが腰を上げるのを拒否しているかのように
もう少しもう少し…
そろそろ帰らなくては
立ち上がると酒井さんは紙袋に入った贈り物を渡してくれた
このお店の看板商品の今戸焼の招き猫
「幸せを招いてくれます」
また会えるとわかっているのに
その気づかいが嬉しくて出会えたことが嬉しくて
涙がぼろぼろ出てしまった
酒井さんも泣いてくれた
ぐしゃぐしゃの顔でお別れ
中央通りをそのままの顔で疾走する

会社には新人の二人が待っていて
最後の引き継ぎを終え
机とPCをきれいに拭いて別れのとき

あんなにも怒ってくれた編集長の顔を見たとたん
いろいろな想いが交錯して
やっぱり水が出てきてしまった
手を握ってくれて「がんばってね」と
きっとそれは嘘じゃないと思った
なんにも役に立てなくてごめんなさい
編集長の泣き顔はほんとうだった
「これを見て辛かった時期のことを思い出してがんばれ」
先輩から贈り物をもらい
たった三日間だけど
私のへたくそな説明を真剣に聞いてくれた新人の二人に
エレベーターの前まで見送ってもらい
私は会社を去りました

家に帰ってから何回も鼻をかんでいる
ティッシュが散乱している
酒井さんのくれた招き猫がこっちを見てる
明日から今まで以上にがんばろう
[PR]
by abekama | 2008-10-31 23:50 | ひびのこと
遠き日のおとめたち
b0049535_027632.jpg

すやすやすや


b0049535_0272243.jpg

おとめたちはよく眠ります
[PR]
by abekama | 2008-10-29 00:27 | おとめ
嵐の日々
やっと落ち着きました
本当にこんなにも真正面から自分と向き合ったことはなくて
しんどかった
自分の弱さ甘さをはっきりとした言葉で吐き出され
言葉の波におぼれそうになった
もはや涙は出ず
代わりに全身から熱のようなものが発散されて
骨と皮だけになるんじゃないかと思った
でもおかげで目が覚めた
本当に今まで何をしてきたんだろうか
考えているようなふりをして
実は何にもわかっちゃいなかった
今のままでは向こうから何かやってくるのを待っていても
きっと誰も来てはくれない
自分からひたすらに突き進んでいって
自分からぶつかっていかなきゃ
きっとなんにも成長しない
ほんとうに子どものままだ私
センスや感受性が弱い分
吸収し続けなきゃ
きっとそれも努力で補える
[PR]
by abekama | 2008-10-25 23:40 | ひびのこと
いまさらいまさら
いまさら自分の身の丈を知りました
いままで自分の小ささを大言壮語で隠そうとしていました
やっと気付いた25歳
知ったからには伸びるチャンスはいくらでも!
たくさんの栄養(知識)を摂取して
たくさん運動(行動)をしよう

運動しかしてこなかったからさ
脳みそがスカスカなんだよ

バランスが大事!
[PR]
by abekama | 2008-10-19 22:12 | ひびのこと
愚痴
口から出るため息や愚痴は
言っている自分がほんとうに落ち込む
もちろん聞いてくれる人もいい気分はしないのも分かっている
それでも何も言わないで真剣に聞いてくれる友人が
ほんとうにありがたくて
はやくこの悩みのループから抜け出して
ものすごくわくわくして頑張って
その作用が伝染するくらいの勢いをつけたい

無知で矛盾だらけの考え
ただそれを吐き出すことによって気付くことがたくさんある
少しずつ少しずつ
だから今は愚痴も仕方ないと思うしかない
人の愚痴から気付くこともあったりして
そういう年頃なのかなとも思う

いつのまにか時代の支配された流れにのらないよう
だめなものはだめ
いいものは誰がなんと言おうといいと
きちっと説得力をもって伝えられるようにならないと
まったく意味がない
そんなの編集者なんていえない

世に流通する書籍を出版するって
あたりまえだけどかなりの覚悟と責任を持たなきゃだめなんだ

本格的に身を引き締めなきゃいかん
[PR]
by abekama | 2008-10-13 21:50 | ひびのこと
ミドリとミレイ
ミドリちゃんとミレイ展に行ってきた
頭が痛くなるほど
一枚一枚のあまりの迫力に押されて
圧死しそうだった

学生時代美術を学ぶ環境にあったにもかかわらず
学科の授業中はほとんど居眠りこいてたため
美術作品に対する教養が無いに等しい
おかげで世界の名画が日本に来ても自分から足を運ぶことはなかった

がしかし!
駅のポスターで惹かれて惹かれて惹かれまくったミレイ展
美しさとミレイという画家のなまなましさが画面から光を放ちまくり
かなりの衝撃をくらう
とても尊く感じる一方とても身近にも感じ
なんだかよくわからないのだけれど
とにかく良かった

もっと時間かけて見たかったけどタイムリミットで物販のほうへ
好きな絵もあったけど印刷がぜんぜん駄目(あたりまえだけど)
あのポストカード見ただけじゃ好きにはなれなかったかも
リアルでミレイを感じることができて良かった
生に勝るもの無し

オランダで見たフェルメールは本当に素晴らしかったし
レンブラントも良かった
結局絵画ってそういうものなんだろうな
これからは色んな人の作品を生で見ることにしよう
[PR]
by abekama | 2008-10-07 22:36 | あーと
町屋文庫ブログオープン!
完全にはいからはくちの流用ですが、
とりあえずオープンさせてみました!
これから行われるイベントや、
みんなが持ってきてくれた本などを紹介していきます!
よろしくね◎
町屋文庫
[PR]
by abekama | 2008-10-06 02:07 | ひびのこと
涙の匂い
秋は涙の栓がゆるみまくっていけない

好きな雑誌の記事にゆるみ
好きな画家の画集にゆるみ
好きだった人への想いにゆるみ
秋風の冷たさにゆるみ
これからの決意にゆるみ
自分の不甲斐なさにゆるむ

岡山ではすでに金木犀の香りがし始めていた
この香りが東京でし始めたら危険信号
しばらく切なさの波に押しつぶされそうになるだろう

金木犀の香りはどの季節の香る花より大好きだけれど
嗅覚が異常に発達している私にはかなり罪な花
香りは切ない記憶を頼みもしないのに運んでくる
最近耳がよく聞こえないのだけれど
いっそのこと鼻が効かなければいいのにと思う
うそ ほんとうは大切
香りのよい花はより香り高く
おいしそうな食べ物の匂いはよりおいしそうに感じる
大切な感覚のひとつ

そういえば今日から10月だ
もうすっかり秋なのだ
[PR]
by abekama | 2008-10-01 22:48 | ひびのこと
9月20日/大阪府 豊能町 能勢町
朝7時
大阪梅田駅前着
観光案内所のお姉さんに、「田舎に行きたいのですが」と尋ねると、能勢町という丹波の町を教えてもらう。あやふやな情報をもとにとりあえずバスが出ているはず、という千里中央に向かうが、能勢までのバスは無く、仕方なく隣町の豊能町までのバスに乗り込んだ。
うねうねした山道をのぼり、一時間ほどすると、山の上とは思えない近代的な住宅が建ち並ぶ団地を通り過ぎる。後から聞いた話しだと、実際はもう30%ほどが空き家だという。バブルの時期あたりの建築ブームで、とりあえず安い土地を求めて購入したのだろう。家はぎゅうぎゅう詰めなのに人がほとんどいない、さみしい団地だ。その名も希望ヶ丘団地。
その団地を過ぎると、また田舎の風景に切り替わる。山を越えた先が豊能町だ。コンビニも何もなさそうなので、とりあえずバス停近くの公民館でお手洗いを借りる。すると公民館のおばさんが親切に豊能の地図と観光案内のパンフレットを渡してくれた。能勢まで行きたい旨を伝えると、苦い顔をして「遠いから今日は豊能を満喫したほうがいい」とのこと。確かに峠を越えなければならないし、バスは出ていない。
とにかく地図を持って歩き出す。特にめぼしいものもないので、とりあえずコスモスの里という、地方によくありがちの場所へ向かってみる。歩くこと30分、道ばたに栗が落ちている。条件反射で拾う。それにしてもこの辺りの洗濯物がすてきな感じに干されているのは何故なのか。絵になるなぁ。おじいちゃんのももひきとか。風景に溶け込んでいる。
ようやくコスモスの里の看板が見えてきた。なんだか変な音楽が聞こえてくる。宗教チックな。その音楽はコスモスの里から流れていた。見たところそんなに広くもなさそうだし、外からでもコスモスは見えたので500円払うことを躊躇したが、ここまで来たし、とりあえず中へ。満開のコスモスのトンネルをくぐり、いったん森に抜ける。観光客がお弁当を広げて食べていた。私も家で作ったおにぎりを二つ食べようと取り出すと、さっきまで流れていたあやしげな音楽が何故か「裸の大将」のテーマソングに。何故!?おにぎりを食べながら山下清の気分を味わった。
とりあえずやっぱり能勢町まで行きたいので、5キロ歩くことを決意。コスモスの里の入口に戻ると、さっきまでいなかったおじいちゃんとおばあちゃんが椅子にちょこんと腰掛けていた。あまりにかわいらしい二人に目が釘付けになり、話しかけてみると、ここのオーナーでした。能勢町までどうやって行くのか尋ねると、車で送っていってくもらえることに。もみじマークの車に乗せてもらい、トトロの森みたいな緑のトンネルを抜け、おじいちゃんの昔話や、今の豊能町の現状など聞かせてもらい、あっという間に目的地の能勢町にある大ケヤキに到着。

とりあえず、まだまだつづく。
[PR]
by abekama | 2008-10-01 00:00 | たび