じぶん材料あつめ
by abekama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2007年 08月 14日 ( 1 )
星に願いを
実家に1日だけ帰り、あまりの空気のおいしさに泣けてくる。
うちにはクーラーはないけど、すずしい。
自然の風がとても気持ちいいのだ。
ふと窓の外をみると、今日は新月らしく無数の星が瞬いていた。
久しぶりに見る満点の星空、天の川。
あ、あれ?流れ星が流れっぱなしだ。
おおきいのちいさいのいっぱいいっぱい流れていて、
これは夢なんじゃないかとぽかんと道の真ん中に座り込み
しばらくのあいだ流れ星に願いをかけた。

こんなに流れるものだったのだろうか。
あんなに流れたらぶつかってしまわないだろか。
どこかの星が急に砕け散ったのだろうか。
そう考えたら祈ってる場合じゃない、とせつない気持ちになった。
はかなくも美しい流れ星の大群がその日しか見られない流星群だと後から知った。

呼んでくれたのかな。
悲しい出来事が多かったから。
見ててくれたのかな。
緑の力や風の力、星の力までもらって、
短い帰省だったけれど
少し元気になりました。
[PR]
by abekama | 2007-08-14 23:52 | ひびのこと