人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2009年 04月 14日 ( 1 )
町屋 鹿浜 西新井
何も予定がない日曜日
自転車で疾走することに決めた!

荒川の河川敷をぐんぐん進む
どこに向かっているのか分からないまま

野球少年の白いユニフォームがまぶしい
サッカー少年も汗を流してドリブルしてる
町内会の人たちが大太鼓を持ち出して
ドドン ドドン
とリズムよく叩いているのには目を奪われた

シロツメクサが大好き
あの深い緑と真っ白なうさぎのしっぽ
寝転がって四葉を永遠に探していてもかまわないくらい好きだ
菜の花も好き
あの匂いがたまらない
もちろん桜も好きだしタンポポも好きだし
こんなにも好きな花が一同に咲いているなんてすごい!


都市農業公園でキャベツ畑の中青虫を探したり
たわわに咲く八重桜をポンポンたたく
ひんやり冷たくやわらかい
あーあーあー

西新井大師ではこれまた大好きな牡丹が咲き始めていた

古い町並みが残る西新井でいい感じの陶器やさんを発見
すり鉢が欲しかったので重いけど買う
他にもいつの時代から置いてあるのか
ホコリをかぶった年代物の綺麗なガラスの器や
クリーミーマミの箸入れや
麦茶がよく似合いそうなコップ
レジなんてもう初期のころのだ
「まだ使えるから使ってるだけだよ」
おっちゃんがそっけなく答える
そうなんだよなぁ
壊れるから買い替える
お金もあるし便利だから買い替える
それはいいことのようで
なんだか一個のものへの愛着がかなり薄い
物へやどる命
それを忘れてしまったんだ
丁寧に作られて作り手の思いがこもっている商品
機械によって作られた無機質な機械
どんなに大事に使っても数年で「古い」とされ
動きも鈍くなる物たち

私の持っているカメラはだいぶ昔のものだけれど
今もきちんと動いている
その子のことが好きだ 売りになんか出せない

今買ったものでも機械が作った機械でも一つ一つ大切にしよう
アンティークには自分でするのだ


帰りは山の談話室千住荘へ
山小屋のような店内は檜のにおいで
山で珈琲を飲んでいる錯覚に

客の平均年齢60歳というその店
珈琲おにぎりが気になります
by abekama | 2009-04-14 21:23 | たび